グループホーム心のめ|岡山市、津山市でグループホーム・デイサービスでお探しの高齢者の方は、是非、有限会社敬愛までご連絡ください。

有限会社敬愛

  • 0868277761

    0862777770

  • お問い合わせ
  • BLOG

グループホーム心のめ

所在地:〒703-8261 岡山県岡山市中区海吉1465-1
電話番号:086-277-7763(グループホーム心のめ)
FAX番号:086-277-7765

電話番号:086-277-7770(総務課 岡山支部)
FAX番号:086-201-0390

グループホーム心のめについて

グループホーム心のめが目指すもの

認知症高齢者の方が、少人数単位(9人)とした共同住宅の形態で、食事の支度や掃除、洗濯などをスタッフとともに行い、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活することにより、認知症の進行を穏やかにし、ご家族様の負担軽減に寄与することです。

得られること

認知症高齢者の方にとって生活しやすい環境を整え、少人数の中で「なじみの関係」を作り上げることによって、生活上のつまづきや行動障害を軽減し、心身の状態を穏やかに保つ事が出来ます。
また、過去に経験した事のあるような「役割」を持っていただくなどして、潜在的な能力に働きかけます。

このように高齢者の方の失われかけた能力を再び引き出し、「生活様式を再構成する」ことを目的としています。
又、集団の中で画一的にケアを受けていると、生活そのものがケアに支配され、自己が失われていくような不安を感じます。

そうした不安を感じさせないように、認知症高齢者の方を生活の主体者としてとらえ、個々の生活を重視した環境、過去に体験した「想い」を、その暮らしの中で展開出来る家庭に近い環境作りを行っております。

認知症高齢者の方が、混乱しないで普通の生活を送る事が出来るようにすることを何より優先し、「心身の痛みを緩和し」、「心を癒し」、「生活に満足出来る」ように導きます。

入居者様への考え方

私たちは、入居者様が長年住まわれていたご家庭での生活の様に、人から与えられるのではなく、「自分が好きな時に好きな事ができる」という、自分の欲求で行動できるグループホームを理想としています。

朝の自由な時間の起床・日光浴・食事作り・外出・散歩・買い物等々、何気ない日常の中に、その方自身が考え、行動できる選択肢をどんどん広げています。

入居者様が「がまん」するという拘束・抑制等は一切無縁という事として、自由に動いて生きる喜びを感じて頂いております。

サービス内容

特徴と効果

地域の一般家庭と同様の「家庭的住居」で各棟9名ずつのご利用者様が一緒に生活しており、「認知症になっても当たり前の生活を営む権利を持つ」という理念で、その特徴を生かした専門的なケアを、認知症高齢者ケアの専門教育を受けたスタッフが提供しております。

特徴としては、グループホーム心のめでは一日の確定日課を設けません。

自然なリズムを保ちながら家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活し、スタッフは疑似家族として日常生活の中から認知症高齢者の方をサポートします。

入居対象者

原則として介護保険証をお持ちの方、岡山市に住民票をお持ちの方、要介護と認定された方、医師による認知症の診断があり共同生活を営むことに支障がない方が対象となります。

基本料金

共通費用(1ヶ月30日の場合)
種類 内容 利用料
家賃 途中入居は日割り計算、月途中退居は全額負担とさせていただきます。 月額50,000円
食費 職員による食材の検収により、新鮮で安価な食材を提供します。
尚食事代については3食いずれかを食した場合にご請求させていただきます。
(日額1,350円)
月額40,500円
(30日計算)
管理料 途中入居は日割り計算、月途中退居は全額負担とさせていただきます。
(水道・光熱費・その他施設管理費)
月額30,000円
介護費用(介護保険1割または2割または3割負担)
要介護度 日額
基本報酬 医療連携
体制加算
介護職員
処遇改善加算Ⅰ
介護職員
処遇改善加算Ⅱ
要支援2 758円 なし 89円 17円
要介護1 763円 40円 89円 18円
要介護2 798円 40円 93円 19円
要介護3 822円 40円 96円 20円
要介護4 839円 40円 98円 20円
要介護5 856円 40円 99円 21円
要介護度 30日合計
1割負担の方 2割負担の方 3割負担の方
要支援2 25,920円 51,840円 77,760円
要介護1 27,300円 54,600円 81,900円
要介護2 28,500円 57,000円 85,500円
要介護3 29,340円 58,680円 88,020円
要介護4 29,910円 59,820円 89,730円
要介護5 30,480円 60,960円 91,440円
月額自己負担見込み額(30日基準/1名利用の場合)
要介護度 (共通費用+介護費用)
1割負担の方 2割負担の方 3割負担の方
要支援2 146,420円 172,340円 198,260円
要介護1 147,800円 175,100円 202,400円
要介護2 149,000円 177,500円 206,000円
要介護3 149,840円 179,180円 208,520円
要介護4 150,410円 180,320円 210,230円
要介護5 150,980円 181,460円 211,940円

別途料金(ご利用者様のご要望により提供します。)

内容 利用料
おむつ、パット代 ご利用者様のご希望にてご提供いたします。 実費
(持込可)
理美容代 出張理容サービスがご利用できます。(2ヵ月に1度) 実費
嗜好品、その他
日用品の購入代
ご利用者様、ご家族様のご希望により、食品や物品を購入した場合にご請求させていただきます。 実費
外出費用 外出時の入場料や飲食代等 実費
ご利用者様
持ち込みによる
電気器具使用の場合
1種ごと(髭剃り、テレビ、電気アンカ、電気毛布、加湿器、携帯電話等) 50円/日額
充電料は1ヵ月200円
電話使用料 当ホームの電話を使用された場合 1回10円

注意事項

  • 入院等で施設を離れている時は、家賃のみ請求させていただきます。
  • 月の途中で入居された時の、居住費(家賃・管理料)は日割り計算とします。
  • 月の途中で退居される時の居住費(家賃・管理料)については、全額請求させていただきます。
  • 食材料費については、朝食、昼食、夕食、いずれかの喫食の場合は、請求させていただきます。

ホーム風景

※画像をクリックもしくはタップすると拡大表示されます

私がここで安らぐことが出来るのは私がどの様な状態にあるかということをここのみんなが分かってくれているから。

身体が病む時も、不安にかられる時もいつだって私を分かってくれる頼もしいスタッフが私をいつも優しい心の目で見つめていてくれるから・・

職員宣言

①私たちは常に先取りした介護を提供します。

  • 新しい時代の介護の研鑽をします。

②私たちはご本人の人生を知り、一番輝いていた時期を尊重し、支援します。

  • 使い慣れた家具や食器を積極的に使用します。
    (プラスチックの食器は使いません。居室は私物で埋め尽くします。
    一つ一つの道具も意味を大切にしています。)
  • 入居者一人一人に合わせた、椅子やテーブルを使用します。
  • なるべく、職員同行の元に買い物に行く機会を作ります。
  • 食事は、食材選びから献立など全ての過程において、入居者が輝ける場面を支援します。
    (食事は目で見て、耳で感じて、香りも一緒に楽しむものです。食欲も五感を刺激してこそ湧いてくるものです。)
  • 日常生活は個人の時間に合わせます。
  • お名前は、ご本人ご家族に確認をし、一番呼ばれたい呼び方で呼ばせて頂く「呼称制度」があります。

③私たちは利用者の尊厳を守ります。

  • 施設には、制服はありません。職員は自由な服装です。
    (ジャージ、ナースシューズの職員が2名もいれば、たちまち施設感が漂います。)
  • 思考を凝らした行事を行います。
    (ただ行事を行うのではなく、意味を学び、行う目的を持ち、効果を期待して行事を楽しんでもらう。心のめならではの思いのこもったものにします。)
  • 食事用のビニールエプロンは使用しません。
  • 入浴介助時も職員はビニールエプロンを使用しません。
  • 車いすは、移動だけにしか使用しません。(自走する方は別です。)
  • 施設内や、居室を幼稚な環境にしません。
    (小学生ではないことを考慮し、幼稚なことは絶対にしません。)

④ご家族様との信頼関係を大切にしています。

  • 利用者様にいつもと違う状況や事故が発生した時は、ご報告させて頂きます。
  • 2ヶ月に1度手作りの心のめ新聞をお送りします。
  • 半年に一度、ご家族のご要望をお聞きします。

処遇改善加算についての情報公開

1. 取得情報

グループホーム心のめでは、処遇改善加算Ⅰを取得しています。
また、令和2年4月より特定処遇改善加算Ⅱを取得いたしました。

2. キャリアパス制度による資質の向上

介護職員のスキルアップと、介護のプロを継続的に育成するキャリアパス制度も導入しています。

  • 各種セミナー、研修に積極的に参加し、リーダーの元社員全員に周知し、理解・実践できるようにしています。
  • 介護福祉士取得の受験料補助、合格者には受験料全額負担しています。
  • 介護福祉士等資格に応じて手当を設けています。
  • 経験・資格・一定の基準に沿って昇給する仕組みを設けています。

3. 労働環境・処遇の改善

特定処遇改善加算によって、長く介護の現場で働き、知識・経験・資格を持った職員の賃金に反映させることで、職員の定着と職員全体のモチベーションの向上に役立てています。 モチベーションの向上は入居者様への介護意欲にも繋がり、質の高いサービスを提供することができます。

  • 介護未経験の方でも安心してお仕事できるように、お姉さん・お兄さん制度を導入し、先輩方が優しく親切丁寧に指導・アドバイスして下さいます。
  • ミーティング等により、職場内のコミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア内容の改善。
  • 事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化。
  • 健康診断、職員休憩室、分煙スペース等の整備など。

4. その他

  • 職員のスキルに応じて、個人ごとに特定処遇改善加算金額を決定しています。
  • ・経験・技能のある介護職員
    ・その他の介護職員
    ・その他の職種 
  • 非正規職員から正規職員への転換。
  • 地域の児童・生徒や住民との交流による地域包括ケアの一員としてのモチベーションの向上。
  • 職員の増員による業務負担の軽減。

心のケア

人間にとって一番大切なものはその人の持つこころである。
そして自分の心に他人が入り込めるものではない。
心は脳で開かれる。そして恐らく脳をこえていくものであるが、残念ながら脳の病気(認知症)に侵され、心がつつむ世界が縮こまってしまう。
それを少しでも広げてあげるのが「心のケア」と言っている。
これによって認知症の人が短期間でも心が拡がり、元気になれる。
認知症の人が安心・満足・信頼が持てる時間を作ってあげられることが認知症ケアの基本だと考えている。

特定非営利活動法人 ライフサポート
「心のケア」チェックリストより抜枠

※「グループホーム心のめ」は「特定非営利活動法人ライフサポート」で外部評価を受けております。

ページトップへ戻る